春から新入社員として東京へ引越しをしました。北海道の道東からの上京だったため、両親にも大変心配されての上京でした。
初めての一人暮らしということもあり、知らない土地に慣れる事を考慮して入社式の2週間前に都内へ引越しをしました。
買い物はどこですればいいのか、見知らぬ土地で初めの頃はワクワクとドキドキでとても楽しかったのを思い出します。
そして、4月。入社式があり、その後1ヶ月ほどの社内研修と合宿研修へ参加しました。会社のこと、学生と社会人の違いなど様々な研修カリキュラムに取り組んでいきました。
しかし、研修に取り組んでいる内に体に異変が起き始めました。発熱やめまい、貧血を起こしてしまったのです。
初めての一人暮らしで慣れない土地で無理をしすぎたのかと思い解熱剤や熱さまシートを駆使し37度超えの熱を出しながらも研修に取り組んでいました。
そんな中、熱が下がらず上がっていく日々を過ごしていると右顎付近が大きく腫れていることに気づきました。熱も下がらないということで重たい体を起こし病院へ。
病院では何を言われたか記憶が曖昧で原因などは聞かされずひとまず解熱剤を渡され、その後食べ物がなかったためスーパーで食料品を買うことに。
さっさと布団に入りたかったので素早く買い物を終わらせようとレジへ。ところがその時、急なめまいに襲われ、会計後袋詰め前にスーパーで倒れてしまいました。
その日はスーパーの社員の采配で落ち着くまでスーパーの奥で休ませて頂きました。
その後も体調が戻らず数日は会社を休んだりしながら何件もの病院を受診しました。
最終的にたどり着いた大学病院では病名も菊池病ではないか?ということで落ち着き、その頃には熱も少し下がり微熱程度になっていたため、また症状が出たら調べることになりました。
初めての上京、そして初めての一人暮らしで、病院の位置や種類については引越し前に調べる事も大事だと痛感した体験でした。コインランドリーは料金を払っても自己責任での利用になります

土用の丑のひになるとうなぎ蒲焼を日本人は食べます。スーパーなどで売られているうなぎ蒲焼の価格が大変なことになっています。たとえば日本産が1尾165gくらいで2000円前後します。対する中国産は1尾285gくらいで1000円前後です。グラム数で換算すると日本産は中国の3.5倍の価格です。
私は水産関係の仕事をしているので事情は知っています。基本的に中国産は皮と身が柔らかく食べやすいです。対して日本産は皮と身が少し硬くちょっと口に残ります。これはウナギの種が違うからです。
とはいってもこの価格差は家庭に響きます。我が家は5人家族なので、全部日本産にすると万札が飛びます。同じ万札なら焼肉がのほうがいいです。
実際は中国産1本と日本産2本しか買いませんでした。
この日本産の価格は異常な高さですが、それでも丑の日には売れるので高いまま推移しています。中国との価格差がこれだけあるから、偽装などの違法行為も生まれます。
実際食べて産地が分かるか?と聞かれたら、うなぎの種が違えば分ります。でも中国でも日本産と同じジャポニカ種を養殖しているところもあるので、同じ種なら全くわかりません。
それはさておき、こんなに高くても売れるという日本特有の習慣には改めて驚かされます。http://www.kaleido-voyage.com/